ブログ

映像美…!

おはようございます(*^^*)

今日は好きな映画を何本か書きます。個人的に、映像美にこだわったものが特に好きです。でも節操ないです。

・「言の葉の庭」新海誠
「君の名は。」で一層有名になった新海監督ですが、彼の作品の中で一番好きです。40分強という短編アニメーションに無駄なく敷き詰められた描写が心地いいです。とても影の表現・色味にこだわった映像で、妥協のない調整を感じられて感動します。

・「バロン」テリー・ギリアム
少し昔の映画なのでかなり長いのですが、ほら吹き男爵バロンと少女の冒険譚を描く映画です。作りこまれたセットと衣装による圧倒的な映像美が凄い。でも脚本に関しては好き嫌いが分かれると思います。美術館に行きたい気分で、時間があるときにおすすめです。

・「ドーン・オブ・ザ・デッド」ザック・スナイダー
ゾンビ映画です。ゾンビが初めて走った映画なのかな?元気なゾンビを見たいときはこれ。

・「マイ・フェア・レディ」ジョージ・キューカー
英語の方言であるコックニーの勉強で観ました。ヒロインが言語学博士に訛りを直されていく段階が凄く興味深いし、ヒロインを演じるオードリー・ヘップバーンがさすが本当にきれいです・・・。劇中歌も楽しくて、英語の詞が覚えやすくて嬉しかったです。

有名なものが多いので視聴済みの方が多いかもしれませんが…息抜きのDVDレンタルの参考になったりすればいいなぁと思います(*’▽’)

関連記事

ページ上部へ戻る