利用者の声

―「目的のある人が集まっている」ので、

”雰囲気がとてもポジティブ”なんですよ。

会員様インタビュー第1弾!ということで、現在、司法書士の勉強をされている倉田省三さん(会社員)にお話を伺いました!

Q:勉強カフェに来よう!と思ったきっかけを教えてください。

P1080661

A:司法書士の勉強をするために、勉強する場所を確保する、というのが最初のきっかけでした。

1人暮らしなんですけど、家にいるとどうしても、テレビを見てしまったり、寝てしまったりと、集中力が持たないんです。

どこか、こういう「プライベートと公の場の間」を求めていたんですよね。

“ある程度人の気配があるんだけれど、集中も出来る”、という空間が、一番集中力が続くのではないかと。そう思って当初はよく、普通のカフェに行ってたんですけど、そうなるとやっぱり人の目が気になってしまったり、長居して申し訳ないな、という気持ちになったりします。

Q:そもそも、「勉強カフェ」はどのように知りましたか?

P1080650

A:会社の人が、「どうやらこういうスペースができるらしい」という事を教えてくれてたんですよ。

まあ、その人はもう転勤で移動しちゃいましたけど(笑)それを聞いて、自分で調べてみました。そこで、見学してみようかなーと思ったんです。

Q:勉強カフェで魅力を感じるところを教えてください!

A:やっぱり、「目的のある人が集まっている」ので、”雰囲気がとてもポジティブ”なんですよ。

特にそんなに喋るというわけでもないですけど、そういう人たちが作り出す”空気”というのが

必然的に出来上がるんでしょうね。

そういうのって、「職場」でも違うし、「普通のカフェ」でも違うし、

「家」でももちろんそんなことはないので。なので、そういう面は本当に刺激になりますよ。

そういう”空気”を、直に見ることが出来るし、感じることができる。

それはここじゃないと感じられないですよ。

最初は週3ペースで通おうと思ってましたが、気づいたら今は週5~7くらいで来てますよね(笑

最近は仕事前に朝も来よう!と思っているので、週12になっちゃいますかね?(笑)

P1080664

Q:朝も来よう!と思ったきっかけはありますか?

A:朝の一時間は本当に大きい。朝を制するものは・・・ってよく言うじゃないですか。

ただ、”それを継続させる力”っていうのが問題なんですけど、、

でもそのきっかけとなる、このような場所があるというのは大きいです。

家で自分で起きてやりなさい、って言われても、なかなか難しいです。

逆に、一回外に出てしまうと、気分もけっこう変わるのでやる気がでるんです。家ではかどらせるために、大きい机や、疲れないイスも買ったのに!(笑)家とは違う「空気感」っていうのが大事なんでしょうね。

Q:具体的に、家とここではどう違うんでしょうか?

A:やっぱり思うのは、家だと「他人に見られていない」っていうことじゃないかなと。P1080671

勉強カフェは、「プライベートと公の場の間」なんですよ。

だから、完全にプライベートだと、誰にも見られてないので、やる気がでなかったり、腰が重かったりする。

逆に普通のカフェ等の、完全な公の場所になると、ガヤガヤしていたり、人の目が気になりすぎてしまう。

ここは、「勉強しに来てください」という設定なんで。

かつ、人もいて、視線もあるから。

ずっと寝てるだけ、っていうのはできないですよね(笑)

普通のカフェで勉強するために、ノイズキャンセリングリングイヤホンとかも買ってみたんですけど、

やっぱり場所が公すぎるんですよ。いろんな場所に注意が散漫してしまう。

普通のカフェだと「勉強してると異質な存在」だけど、勉強カフェだと「勉強してないと異質な存在」になりますからね。

P1080654

Q:最後にメッセージお願いします!

A:僕自身、やっぱり今よりも変わりたいって思うんですよ。

勉強っていうと、どうしても”世間の勉強のイメージ”があると思いますけど、

机に向かうだけが勉強じゃないよっていうのを伝えたいですよね。

実際ここに来て、いろんな方とお話すると本当に勉強になることが多い。

僕が試験に通ったら、「僕はこんな使い方しましたよ!」というのをぜひお伝えしたいですね。

倉田さん、ご協力、ありがとうございました!!☆


“健常者と障碍者とともに過ごせるまちづくりをしたい”と思い、

社会福祉士を目指そうと思いました。

会員様インタビュー第2弾!ということで、今回は勉強カフェヘビーユーザーである南慎太郎さん(会社員)にお話を伺いました!

Q:南さんは現在、何を勉強されてますか?

p1080701社会福祉士の勉強をしてます。国家資格で、合格率が25%です。一年に一回のテストなんです。19科目あるので、広い範囲を勉強しなくてはいけないです。
もともとは、学校の教員の仕事をしていたのですが、働いているうちに、学校だけでなく、地域に視野を広げようと思い始めました。
今は就労移行支援施設で働いてます。社会問題に携わろうという、という気持ちがとても強いですね。

Q:なるほど。学校であったり、就労施設でだったりと、”地域の問題”、”社会的な問題”に関わっていこう、と思ったきっかけはあったんですか?

実は昔は、経済学部だったんですよ。地域経済学を専攻していて。
ですがもともと、”教育”に興味はあったので、学生の頃は”学童クラブ”でアルバイトしてました。
BOP(ベース・オブ・プレイング)という名前―「子供の遊び場」―というところで、補助指導もしてました。
そこから、本格的に教員の道に進もうと思い、学校の教員になりました。なので、経済学部を専攻していた大学を卒業して、そのまま就職せずに、通信大学で勉強し、教員の免許を取りました。

結局現場に出て、集団で教える難しさ、親と子の問題、地域の問題、いろいろありました。働いていく中で、自分は”教員”という立場よりも、健常者と障碍者とともに過ごせるまちづくりをしたいと思い、社会福祉士を目指そうと思いました。

Q:勉強時間はどのくらいですか?
平均、1日2時間くらいです。勉強カフェに入会したのが4月で、その前からやってましたが、入会してからそこから本格的に始めました。他の勉強してる方々から、かなり影響を受けてます。p1080694

Q:出身は埼玉ということですが、神戸に来ようと思ったきっかけはあったんですか?

まず、兵庫にきたきっかけは大学院でした。有名な先生がこちらにいたので。まあ結局そのゼミには入れなかったんですけどね(笑)ですがこっちで心機一転、という意味でも頑張ろうと思いました。

Q:社会福祉士を取得したその先のプランはどのような感じですか?

しばらくは今働いている就労移行支援施設でお世話になると思いますが、
いずれは神戸市の”相談支援業務”に携わろうと思ってます。事業所の相談部門があればそちらに移りたいですし、どこか他に別のところでも。
「障害者の相談支援」をしていきたいですね。

Q:本当に勉強家で、素晴らしいです。そんな南さんにとって、勉強カフェの魅力とは何でしょう?
ありがたい。本当にそう思います。
p1080696家でやるのはしんどい、ネットカフェも、喫茶店も、ちょっとしんどいです。人目を気にしてしまったりして。
勉強カフェは、設備もそうですけど、人とつながることができるし、パワーをもらえるのは本当にありがたいです。

空気感が違いますよね。すごくみんなにパワーもらってます。

そこが本当に魅力的ですし、そういう場であり続けてほしいな、というのが願いですね。

Q:ありががとうございます!ペースはどのくらいで来られてますか?
仕事終わってからと、休みの日に、という感じですね。
仕事場から近いというのもメリットです。立ち寄りやすいです。

Q:では最後にメッセージをお願いします!p1080691
本当の意味で、”活用できる場”だと感じてます。
試験が受かり、目標達成しても、私はおそらく使い続けると思います。
”勉強”って、日々勉強だと思うので。
人ともつながれるし、そういう意味でも行き続けたいな、と思います。

職場との交流とも全然違うので。年齢層も、職業も、本当に幅広いです。

誰かとつながれる、そのようなきっかけがある場所、というのが大事ですよね。

南さん、ご協力ありがとうございました!!☆


―雑談にも”無駄”なことがない

会員様インタビュー第3弾!ということで、今回は勉強カフェ短期限定プランの会員様で、集中して見事合格された足立絵美さんにお話を伺いました!

Q:勉強カフェに来よう!と思ったキッカケを教えてください。

大学4回生(11月頃)の頃、のデイサービスで働いていてその送迎の車の中でラジオを聴いていました。
そこでたまたま丸谷さん(マネージャー)が出演されていて「あっ、こんなん(勉強カフェ)あるんや」と知りました。
しばらく経って「そろそろどこか勉強できる探さなヤバいなー」と検索していたときに、あの時のラジオの事を思い出して体験し、入会しました。

Q:理学療法士を志した理由を教えてください。
もともとは工学部に行きたくて、大好きな音楽(音響関係)の仕事がしたかったんですけど、バイトでも出来るなーっと思って考え直しました。
そこから「困っている人がいたら、すぐに何かを出来る(腰が痛い人には「こうしたら良いですよ」と手助けできる)ような仕事がしたいと思いました。

Q:良さや違いって何でしょう?
医療系は凝り固まった人が多いので、ここにはいろんな職種や経験を持つ方が来られているので、いろんな話が出来る事。
もともとみんな勉強しているし、雑談にも無駄な事がないと思います。
ちなみに家で1週間引きこもってやったら精神的におかしくなるかと思った事があります(^_^;)
「人と話せる」・「集中できる」(ラウンジとラーニングルーム)・「オシャレ」
あとは“タワレコが近い”事です。笑

Q:息抜きって何かありますか?
ゲーム(音ゲー)をしています。
ゲームをする事で切り替えが出来る(勉強やーろっと。終わった。じゃあゲームやーろっと・・・みたいな)
あとは音楽が好き。
(お勧めは「ビッグママ」・「ノーザン19」・「フェーブルドナンバー」)

Q:今後の目標やプランを教えてください!
理学療法士になって、そこから生き残るために+アルファの事をしたい。
例えば、簿記・ファイナンシャルプランナーなど、何かと掛け合わせるような事を・・・まだ特には決めていないけど考えています。
ちなみにカラーコーディネーターの資格を取ろうと思って勉強をしてたんですけど、試験の日がライブの日と被ったのでやめました。笑

Q:では、最後にメッセージをお願いします!

勉強カフェの会員さんは切り替えができる人が多いので、やるときはやろうと思えた。
ここにきてから生活習慣が変わったりして、やっと勉強が始まった感じがします(朝から勉強するなんて。)
しっかりやりたいけど、息抜きもしたい人にお勧めです。

足立さん、ご協力ありがとうございました!!☆


1つの”学校”みたいな感じがしますね。

会員様インタビュー第4弾!ということで、今回はほぼ毎日!休むことなく通われていた有本敏朗さんにお話を伺いました!


Q:勉強カフェに来よう!と思ったキッカケを教えてください。

初めは見学のみして、後日入会しました。
選んだ理由は、一緒に見学に来ていた母親が施設の安全性を重視して選びました。
検索は「神戸 自習室」
基準は値段が高い所も一つでした。(その分設備投資もしっかりしていると思って)
あとは、会員になるとコピー代10枚無料も嬉しかったポイントです(「浪人生はコピーしまくるんですよー!」)

Q:勉強カフェの良さや、他のスペースとの違いって何でしょう?
ここに来てからは“メリハリ”が出来るようになりました。
勉強に力を入れながらも、息抜きが出来るようになって、それが出来る事によって効率よく勉強が出来ます。
あとは、歳の離れた人と話が出来る事。価値観、考え方が違う大人と話すことで視野が広がったり知識がついたりしました。
人の意見に対して噛み砕くようになった。
吸収して意見できるようになった。

Q:勉強カフェの使い方のコツはありますか?
人と話すこと。
スタッフだけでなく、年齢の違う人達と話すこと。
そうすることで、将来的な事の話も出来て“人生の設計図”を立てられる。
あとは、勉強に疲れたらラウンジに行きましょう!これです!
(こっちの空気もおいしいぞ。)

Q:勉強カフェは有本さんにとって、どういう場所でしょう?

「僕にとって大切な場所になりましたね。」
色んな人との繋がりがあるから。
ある時は先生であり、先輩後輩であり・・・1つの学校みたいな感じがしますね。
Q:今後の目標やプランはありますか?
今と変わらず笑っていられる人でいたい(笑う門には福来る)
そのために自分から話しかけて行って、積極的に話をしていきたい。
あとは、色んなことをしたい。株・ボランティア活動などを積極的に。
まだ具体的な職業は決めていないですけど、大学で見つけようと思っています。

Q:では、最後にメッセージをお願いします!
初めは、ユニークな人が多いですが、慣れていくとほんと面白い空間です。
第二の家のようなものになりました。この過ごしやすい空間のおかげで1年間ほぼ休むこともなく通い続けることが出来ました。
浪人生の方に向けて 「宅浪は無理」「バイトしながらは無理」そうよく聞きますが、それは自分次第だと思います。

自分が自分自身をどれだけ制御するかが大切です。

自分やりたいことを見つける場として利用するのもいいと思いました。

有本さん、ご協力ありがとうございました!!☆


―ここでは人生や教科書に載ってない勉強ができる。

会員様インタビュー第5弾!ということで、今回は親子共々ご利用いただいていた、スーパーマジシャン、中井悠介さんにお話を伺いました!

Q:勉強カフェに来よう!と思ったキッカケを教えてください。
もともと母が大学入試で入会していて「こんなとこあるよー」と教えてもらったのがキッカケでした。
それまでは他のカフェや学校、家で勉強をしていました。
初めは、たくさんの人と繋がるというイメージはなかったのですが、場所から出るオーラ・雰囲気が素敵だったので入会しました。
Q:来るまでと来てからとでは何か変わったことはありますか?
普段の生活で関わらない人がいるからこそ、人に合わせずに気軽に話せる所です。
それまではいつもイライラしていたんですけど、いろいろなお仕事や年齢の皆さんの考え方に触れた中で、こうしなきゃいけないという考え方も軟らかくなりました。
そうすることで、周りの考えを受け入れ認められるようになったし、結果的にストレスが溜まりにくくなりました。僕もこんな人になりたいな。

Q:良さや違いって何でしょう?
普通の自習室で出会う人は高校生ばかりで、仕事や将来の話をしていても空想でしかありません。ここではリアルな話を聞けるから具体的に学べるし、「こう思ってるんですよー」と発信したら「それいいねー」という答えや学びがあるので経験、考えの幅が広がりました。あと、会員様同士で嫉妬もなく、尊敬しあっている所です。
Q:勉強カフェの使い方のコツはありますか?
暗記系の勉強をする場合はちょっと糸を緩められるのでラウンジルームに出てきます。
反対にしっかりと集中したいときはラーニングルームで、一気に過去問を解いています。
Q:今後の目標やプランはありますか?
「大学生になったら自分のビジネスをしたい。」
とセンター試験が終わってこれからを考えた時にふと浮かびました。
夢ですか?僕の夢は「世界で一番幸せになる」事です。
自分の在り方、幸せを提供できる人間が幸せになると思っているので、まず自分が幸せになれば周りを幸せに出来ると思います。
Q:では、最後にメッセージをお願いします!
勉強カフェの事を100%知る為には、実際に来てみないとわからない。
まずここにきて、空間をしってもらえればいいんじゃないかなと思います。

中井さん、ご協力ありがとうございました!!☆

ページ上部へ戻る