ブログ

勉強に最適な明るさ

皆さん、仕事や勉強をするのに
最適な明るさって
どれくらいかご存知でしょうか?

「暗くなければいい」
「文字が読めればいい」

なんて思っている方、ちょっと待った!

ぜひ、この記事を読んで帰って下さい!

.

明るすぎは避けましょう!

手元を出来るだけ照らして
ハッキリ見えるようにしよう!

・・・お気持ちは分かります。

が、網膜に負担がかかってしまい
目が疲れてしまいます(×_×)

そうなると、肩も凝るし、しんどい・・・

.

照明の色によって
それぞれ効果が違います

照明の色が与える影響は大きいと言われており
とても大事なポイントとなります!

照明の色(色味)を
尺度で表したものを「色温度」と呼び、

色温度が高いほど青白くなり、
低くなるほどオレンジ色に変化します。

では、照明の種類と効果をご紹介します!

★昼光色(ちゅうこうしょく)
 真昼の太陽に似た青白い光。
 クールな色合いと言われることもあり
 覚醒作用があります。

★昼白色(ちゅうはくしょく)
 電球のオレンジ色と昼光色の
 中間に位置する自然な白さ。
 オフィスなどで使われることが多く
 脳を活発にさせる効果があります。

★白色
 文字通り白い色の光ですが
 自然な色とは少し離れています。
 作業に集中しやすいと言われています。

★電球色
 白熱電球に似た
 つやを帯びた赤(オレンジ)色。
 暖かみのある色だが比較的暗め。
 リラックスできるため
 集中力が上がるというデータも。

.

適切な明るさとは・・・?

仕事や勉強をするのに
向いているのは、ズバリ昼光色・昼白色です!

具体的な数値で言うと・・・

色温度:約4,500ケルビン (光の定量)
照 度:約700~750ルクス (明るさ)

が良いとされています!

最近クリエイティブワーカーは
600ルクス前後の明るさを好む人が多いのだとか。

これは、人それぞれ違うと思います!

.

ちなみに、当スタジオの
各席の明るさは以下のような感じです!

カフェラウンジ

暖かみのある「電球色」を使っているので
リラックスできる環境となっています(^o^)

なのでリラックスしながら集中できるかも!


.

ラーニングルーム

こちらのお部屋は集中ルームなので
「昼白色」を使っています!

脳が活発に働き、冴えます!

※使われるお席(場所)や
 手元ライトの有無等により若干変わります

.

いかがだったでしょうか??

・照明(明るさ)の種類と効果
・仕事や勉強をする時に適切な明るさ
・当スタジオの2つの部屋の明るさ

についてご紹介いたしました!

リラックスしながら集中したい
という時には「カフェラウンジ」

脳を活発にさせてじっくり勉強したい
という時には「ラーニングルーム」

2つの部屋を上手く使い分けて
これからも頑張っていきましょう!

.

無料体験・見学
いつでもお待ちしております♪

関連記事

ページ上部へ戻る